夢の国を外側から…

IMG_4702 (2)

2018 7月7日 海のモノレール駅を降りたところにて

アクアリウムにて金魚を撮りに行った後東京駅まで歩き京葉線に乗り舞浜まで行ってきました。

歩いている間部活のみんなは昼飯を食べていたとは…

一人飯は寂しいところもあるので次回は一緒に食べれたらいいですね。

ちょうど七夕イベント最終日ということもあり必死にいろいろ見まわりました。

見まわった後トイカメラの性能を試すためにおそらくパーク外では高い標高を誇る(ホテル内を除く)場所に移動。

そこで撮ってみました。しかし標高が低すぎて全く人形のように見えないという…

金魚ぎょ

きんぎょぎょ

2018 7月7日 三井ホール アクアリウムにて

少し前のことなんですけども三井ホールで行われているアクアリウム行ってきました。

たくさんの金魚を長時間眺められる良い展示でしたね。

頑張って金魚を追い求め写真を撮りましがなんとボケまくるというアクシデント発生。

そのようなこともありましたが設定など変えながら撮り続けてみました。

溶けちまうよ?!

氷

↑2018.7.14 NikonD3100 自宅マンションより↑

こーんにちは。 あづいあづい。暑さに耐えかね、冷凍庫をバン!な、なんと…

アイスがないじゃないか!氷しかねぇ!                  ↑というわけでこの写真。↑

何かないかと冷蔵庫や色々物色。牛乳…みかんの缶詰…あ!牛乳寒天でも作ろ!僕、牛乳寒天好きなんですよね。さっぱりしてておいしいしね。カルシウムですよカルシウム。はい、というわけで料理できる杉山さんの牛乳寒天レシピをご紹介。

準備→寒天4グラム、牛乳280~350ミリ、水200ミリ、みかん缶1缶、砂糖60グラムを目安にお好みで。

牛乳は、牛乳の風味を楽しみたければ多め、甘さやスイーツ感を楽しみたければ少なめにしてくださいな。

1.適当な鍋に水を入れて寒天を溶かす。

2.溶けたら砂糖を入れる。あ、このとき杉山はみかん缶のシロップを ばちゃばちゃどぽどぽ 入れてますが今んとこ支障はないっす。

3.牛乳を入れる。一煮立ちさせ、そのへんのカップでもタッパーでも適当な何かに移します。

4.みかんをぶち込んだら完成!正直これを入れないとただの牛乳を固めたものなので。でね、お店みたいな表面にみかんが浮いてるようにしたいじゃないすか。表面に膜が張り始めてちょっとした時に、そっと入れると見事表面に浮かぶんですよー。で、そのまんま冷蔵庫にポイ。

さっぱりしたスイーツだし、子供さんにはおすすめ。みんな夏は牛乳寒生活しようよ(笑)

(*’▽’)ノばーいばい またみてくださいね。 (長いのは許してや)